デザインやコンセプトにこだわったホームページ制作会社を選ぶ

自社の製品や会社をアピールする方法

ホームページ制作をしてウェブ上で自社の製品や会社をアピールすることが広まってきました。その効果を高めるためには映像制作をして強い印象を残せるようにするのが肝心です。宣伝のための映像を用意してトップページに置くとアピール力が高まります。

デザインやコンセプトにこだわったホームページ制作会社を選ぶ

サイト

クオリティーの高いホームページの特徴

ホームページ制作会社には得意分野と不得意分野があります。飲食店系に強い会社、IT系に強い会社など、その制作会社の得意分野で依頼することが、クオリティーの高いホームページを持つポイントとなります。クオリティーの高いホームページには、強いメッセージ性があります。そのためには、単純に綺麗な画像や文章を用意すればよいというものではなく、発注主の意思を明確に表現することが重要です。

パソコンを操作する人

デザインやコンセプトにこだわることが大事

ホームページ制作会社への発注にあたっては、デザインやコンセプトの概略を、ざっくりとまとめておくと、制作がスムーズに進みます。ホームページ制作会社は発注主の希望や好み、アイデンティティをくみ取り、発注主が曖昧に持っているデザインやコンセプトを、具体的な形に落とし込みます。

電子機器

ホームページ制作会社に依頼する方法

ホームページ制作会社に制作を依頼する方法としては、まず、発注主の「目的」を明らかにします。製品情報や店舗情報を検索させたり、アクセスしてきた人からの意見や注文を集めるなど、ホームページを使って「やりたいこと」を明らかにします。次に、各ホームページ制作会社のホームページや会社概要を見て、その会社の実績や、得意とするホームページの分野を調査します。候補となるホームページ制作会社が何社か揃ったら、見積もりを打診し、費用や納期などの条件面を勘案して制作会社を決定し、ホームページ制作を依頼します。

ウーマン

ホームページ制作会社が行なっているサービス内容

ホームページ制作会社は、次のようなサービスを提供します。
まず、ラフデザインの提案です。
次に、ホームページを置くサーバの手配です。サーバの手配は必ずしもホームページ制作会社に依頼しなければならない訳ではなく、発注者が用意することも可能ですが、機能や目的に最適なサーバを手配するには、ホームページ制作会社を利用した方が有利です。
さらに、ホームページを機能させるために必要な、データベースやプログラムを用意します。これらは必ずしも必要とは限りませんが、プログラムは画面表示のエフェクトに使用する場合もあるため、大半のホームページでは何らかのプログラムを用意することが一般的です。
また、発注者が用意した文章、写真、図表などの原稿を、HTML言語でコーディングします。必要に応じてボタンや矢印などの部品画像もホームページ制作会社が制作します。写真に修正が必要な場合にも、ホームページ制作会社に画像処理を依頼することが出来ます。

依頼する時の流れをチェック!

サイト

最初に、ラフデザインの設計を行います。

ホームページ制作会社に制作を依頼した時、まず最初に行うことはラフデザインの設計です。
既にカタログや会社案内などの印刷物がある場合には、そのデザインと共通性を持たせるのも一案です。
ホームページ制作会社は、発注者の希望や好み、意見を聞きながら、発注者のアイデンティティを理解しつつ、大まかなデザインを練り上げます。
簡単な図表を使った「ワイヤーフレーム」と呼ばれる設計書を作ることが多いです。

次に、ビジュアルデザインの制作を行います。

次に、ビジュアルデザインの制作を進めます。
ビジュアルデザインは、まずトップページについて簡単なものを数種類作り、発注者の意見を聞きながら修正を繰り返して、細部を煮詰めます。
また、各種コンテンツを掲載する各ページについても、まずビジュアルデザインを画像データとして作成し、あとからテキストや写真を追加する手法が一般的です。
発注者は、ホームページに掲載するテキストや図、写真などを用意し、随時制作会社に提供します。

同時に、サーバの手配とデータベースやプログラムの用意を行います。

ビジュアルデザインの制作と並行して、ホームページ制作会社は、必要に応じて、サーバで動作させるデータベースやプログラムの設計開発を行います。
データベースは、商品情報や店舗情報が多数ある場合など、ホームページに検索機能を追加する場合には必須となります。また、ホームページの更新を発注者自身が行えるようにする場合にも、データベースを応用する場合があります。
プログラムは、ホームページにメールフォームやショッピング等の機能を追加する際に必要となります。
データベースやプログラムは比較的費用が嵩みやすいため、どのようなデータベース、プログラムが必要になるかについては、見積もりの段階で、ホームページ制作会社との間で十分に打ち合わせをしておく必要があります。

次に、デザインと、データベースやプログラムの統合を進め、HTML言語でコーディングします。

ビジュアルデザイン、データベース、プログラム等が揃ったら、ホームページ制作会社は、これらを統合した上で、発注者から預かったテキスト、図、写真等を HTML言語でコーディングします。
画面表示のエフェクトのためのプログラムは、この時点で組み込みます。

仮のホームページで点検と確認を行い、問題点を解消したら公開します。

ホームページ制作会社は、仮のホームページを第三者からアクセス出来ない場所に掲載します。
混乱防止のため、通常はパスワード保護を利用して、関係者以外のアクセスを遮断します。
この仮のホームページを見ながら、発注者と制作会社との間で、仕上がりの点検、細部の調整を行います。
点検で見つかった問題や調整事項を仮のホームページに反映して、発注者の納得のいくホームページが出来上がったら、いよいよ、ホームページを本公開用のサーバに掲載して、公開します。

広告募集中